ページの先頭です

税理士の視点「現場は美容室」
美容室専門税理士トップ > 税理士の視点 > 視点 > 面貸しの税務にご注意下さい

確定申告をお受けします。

面貸しの税務にご注意下さい
Contents

面貸しをしている方は、どのような会計処理や税金対策をしていますか?
単に、外注費として会計処理をしているだけの方はとても注意が必要です。

税務調査で面貸しについて問題となる点は、その支払いが本当に外注費(業務委託)になるか、それとも給与(社員)になるかなのです。

外注費と給与では消費税が分かれ目となります。

外注費も給与もともに経費として計上できます。
ちょっと難しい話ですが、外注費の場合はその支払いに消費税が含まれています。
給与の場合は消費税が含まれていません。
消費税が含まれているか含まれていないかが、オーナーの方の消費税の納税額を左右します。
だからこそ、ここが税務調査の攻防点なのです。

具体的に見ていきましょう。
外注費ならば法人税を減らすメリットがあり、さらに消費税も減らすメリットがあります。
これが給与になると話が変わってきます。給与でも経費計上は認められます。
しかし、給与には源泉所得税がかかり、さらに消費税は含まれません。
すなわち、法人税を減らすメリットはありますが、消費税を減らすメリットはなく、さらに源泉所得税を納めなければなりません。

外注費(業務委託)になる場合と給与(社員)になる場合では、こんなにサロンに与える税金の影響が違ってくるのです。

オーナーの方は、税務調査で調査官に「これは外注費(業務委託)ではなく給与(社員)ですね」などと指摘されないようにしなければなりません。税金を申告した後で追加の税金をかなり取られることになりかねません。

外注費と給与の判断基準について見ていきましょう。

外注費は、請負契約に基づいてその仕事の結果に対して報酬が支払われるものをいいます。給料は、雇用契約に基づいてその労働の対価として支払われるものをいいます。
難しいですがでもとても大切な考え方なのです。
そこで、外注費としての判断基準のポイントを見ていきましょう。

1.サロンとの契約上、その人が他人へアウトソーシングすることができること

2.仕事をする場合に、その作業についてオーナーから指揮命令を受けないこと

3.遅刻したらペナルティーがあるなど業務時間や場所等の拘束や指定を受けないこと

4.仕事が完成してからでないと報酬を請求することができないこと

5.サロンから材料や作業用具の提供が無いこと。つまり自分持ちということ

これらがポイントととなり、外注費か給与なのかを判断されます。

私の実体験

私の実体験では、これら全てをクリアしなければ「外注費ではなく給与です」という指摘を受けたわけではありません。上記の判断基準には、サロンに合わない基準もあるため、税務調査ではあくまでも実態で判断します。
そして、ここからはぜひオーナーの方にやっておいて頂きたい自衛策をお伝えします。

1.面借りしている外注スタッフと業務委託に関する契約書を取り交わす

社員でも「労働契約書」を結びます。ましてや、社員でもない外注先と契約書がないというのでは、何ともバランスが良くないと思います。

2.面借りしている外注スタッフに所得税(事業所得)の確定申告をしてもらう

必ず、事業所得で申告をしてもらうことです。給与所得ではありません。

3.お客様への損害賠償はお店ではなく、外注スタッフが負担する

損害がお店持ちとなるのは、社員の場合です。

4.お店から指揮命令がないこと

「あいさつをしましょう」などの張り紙はしない。

5.張り紙はないが、実際は指揮命令をしているということがないようにする

先ほど、あくまで実態で判断しますと言いました。
まさにこれが結構問題となりますから気をつけましょう。

これらを徹底して頂き、外注費として経理してあったのに、税務調査で給与だと言われる
ことがないようにしてください。

弊社地図

まずはお電話で面談日時を決めましょう
0120-279-868
(無料)
受付時間:平日9時~17時 土日祝休み
【1】電話で面談日時決定→【2】対面にてお打合せ

相談フォームからでも面談日時を決められます
相談フォームにてご希望の日程をご連絡ください
(1時間まで10,000円(税抜) 以降30分ごとに5,000円(税抜))

どんなご質問でも構いません。

「開業したらどんな税金がかかるのか?」といった一般的なご質問から、
「うちは面貸しをしているが、何か税金的に問題あるの?」といった美容室特有のご質問まで、どんなご質問でも構いません。
オーナーの方に直接お会いして、じっくりお話を伺います。
そのため、オーナーの方の個別事情に合わせたより具体的で的確な解決策をご提供できます。
時には「ホームページには載せられないココだけの話」も出てくるかもしれません。
お気軽にご相談下さい。 

税理士の視点

美容室は現場

ご相談フォーム

税理士紹介

スタッフ紹介