ページの先頭です

税理士の視点「現場は美容室」
美容室専門税理士トップ > 税理士の視点 > 視点 > サロンの広告を出した時の経理について(ホットペッパーについて)

確定申告をお受けします。

サロンの広告を出した時の経理について(ホットペッパーについて)
Contents

ホットペッパービューティーやグルーポンに広告を掲載して、新規顧客獲得をするケースがありますよね。これが意外に複雑な取引であり、請求書だけでは判断が出来ず私ども会計事務所のスタッフがオーナーの方に取引内容を詳しく伺い、やっと経理処理することができる場合も多いのです。
そこで今回は広告媒体を利用した際の、経理処理方法を考えてみようと思います。

<ケース①:売上金額の計上について注意して頂きたい場合>

広告会社へ広告費50,000円を払った → 広告宣伝費50,000円を計上する
クーポン券を持ったお客様が来客しカットした → 売上4,000円を計上する
(現金3,000円・クーポン1,000円を受け取った)
【注意!】
クーポン券1,000円分も含めて売上を4,000円計上することをお忘れないようにして下さい。

<ケース②:売上金額と広告宣伝費の計上について注意して頂きたい場合>

(売上の50%が宣伝費で残りの50%がサロンの取り分)

広告を載せる(広告代金の支払いはこの時点では発生しない) → なし
お客様がサイト等でクーポン券3,000円分を購入する → なし
お客様が来客し、クーポン券3,000円分を受け取る → 売り上げ3,000円計上
※クーポン券を受け取るだけで、入金はまだない(掛け取引)
その後、広告会社から入金がある → 掛けの回収1,500円と同時に広告宣伝費1,500円を計上
【注意!】
広告会社から入金される1,500円だけを売上に計上するのではなく、
3,000円を売上として計上し、1,500円を広告宣伝費として計上してください。

今回はご説明用に簡単な物を取り上げてみました。実は、この他にも消費税を絡めて難しい経理処理が発生するものもあります。それは、会計事務所スタッフにお任せ頂きたいと思います。

弊社地図

まずはお電話で面談日時を決めましょう
0120-279-868
(無料)
受付時間:平日9時~17時 土日祝休み
【1】電話で面談日時決定→【2】対面にてお打合せ

相談フォームからでも面談日時を決められます
相談フォームにてご希望の日程をご連絡ください
(1時間まで10,000円(税抜) 以降30分ごとに5,000円(税抜))

どんなご質問でも構いません。

「開業したらどんな税金がかかるのか?」といった一般的なご質問から、
「うちは面貸しをしているが、何か税金的に問題あるの?」といった美容室特有のご質問まで、どんなご質問でも構いません。
オーナーの方に直接お会いして、じっくりお話を伺います。
そのため、オーナーの方の個別事情に合わせたより具体的で的確な解決策をご提供できます。
時には「ホームページには載せられないココだけの話」も出てくるかもしれません。
お気軽にご相談下さい。 

税理士の視点

美容室は現場

ご相談フォーム

税理士紹介

スタッフ紹介