ページの先頭です

税理士の視点「現場は美容室」
美容室専門税理士トップ > 税理士の視点 > 視点 > 美容室を株式会社にするか合同会社にするか

確定申告をお受けします。

美容室を株式会社にするか合同会社にするか
Contents

「美容室を法人にしたいのですが、株式会社と合同会社とどちらがいいですか?」
というご質問を頂くことが多くなりました。
今回はこの点について考えてみようと思います。

では、何を基準に美容室を株式会社にするか合同会社にするか決めればよいでしょうか?
美容室のオーナーの方が選択する際に判断基準となるポイントを下記表にまとめました。
オーナーの方が重視される点はどこにあるでしょうか。
比較表について見ていきましょう。

どこを重視されるかはオーナーの方によって様々だと思いますが、比較表を参考にして、最良の選択をして頂ければと思います

弊社地図

まずはお電話で面談日時を決めましょう
0120-279-868
(無料)
受付時間:平日9時~17時 土日祝休み
【1】電話で面談日時決定→【2】対面にてお打合せ

相談フォームからでも面談日時を決められます
相談フォームにてご希望の日程をご連絡ください
(1時間まで10,000円(税抜) 以降30分ごとに5,000円(税抜))

どんなご質問でも構いません。

「開業したらどんな税金がかかるのか?」といった一般的なご質問から、
「うちは面貸しをしているが、何か税金的に問題あるの?」といった美容室特有のご質問まで、どんなご質問でも構いません。
オーナーの方に直接お会いして、じっくりお話を伺います。
そのため、オーナーの方の個別事情に合わせたより具体的で的確な解決策をご提供できます。
時には「ホームページには載せられないココだけの話」も出てくるかもしれません。
お気軽にご相談下さい。 

税理士の視点

美容室は現場

ご相談フォーム

税理士紹介

スタッフ紹介